ファーストメールの例文集

出会い系の勝敗を分けるファーストメール(最初に送るメール)。
なぜファーストメールが重要なのかというと、女性が男性の何倍もの洞察力を持っているです。

短い文章からでも彼女らは「どのような人間なのか?」ということを的確に把握し、そして素早く「アリかナシ」かということを判断します。

携帯電話を見る女性

「何割かの女性は、何らかの予知能力のようなものを持っている」と断言している科学者もいるほどその能力というのは男性の想像を遥かに超えています。
ここでは、出会い系でコピペで使えるファーストメールの例文集(定型文)を3つご紹介します。
状況に合わせて、臨機応変に使ってください。

【1】恋活中の女性に送るメールの例文
【2】婚活中の女性に送るメールの例文
【3】熟女・中年女性に送るメールの例文

【1】恋活中の女性に送るメールの例文

  ●●美さんへ
はじめまして。
●●市内で最も元気でユーモラスな男、田中一郎(通称:いっちゃん)と申します。

●●美さんのプロフィールが目に止まり、考え方なども似ているし、何より「前向きであったかそうな人だな〜」という印象を受けたのでメールさせてもらいました。

自己紹介をしますと名前は田中一郎です。(さっき言ったじゃん)
仕事は市内で●●をしてます。(22才からだからもう10年目かな)
趣味はみんなでワイワイと集まって飲んだり、バーベキューしたりすることです。

もしよければ今度、一緒にガヤガヤ飲みませんか?
よければ返事ください。では。

 【ポイント】
# 本名を名乗って、安全な男であることをアピール
# なぜメールをしたのかという理由を明確に
# 堅くなりすぎないように少しだけユーモアを
# 相手に話しかけるような一文を織り交ぜて
# 友達が大勢いるということは安全な男であることの証
# 2人で逢おうと言わないところがポイント

【2】婚活中の女性に送るメールの例文

  ●●美さんへ。田中一郎と申します。
メール失礼します。
●●市●●町に住んでいる●●才の会社員、田中一郎といいます。

●●美さんのプロフィールが目に止まり、考え方や価値観など、とても共感できる部分が多かったのでメールさせていただきました。

少し僕の自己紹介をさせていただきますと、身長●●cm、体重●●kg、血液は●型、仕事は●●駅の近くで●●をしています。

趣味は友達とみんなでスノボーに行ったり、夏は沖縄までマリンスポーツをやりに行ったりしてます。

●●美さんは趣味が料理ということですが僕も料理は大好きです。
この間もカレーを1日かけてスパイスから作りました。
味は、レトルトカレー以下でしたが(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よければ返事ください。では。

 【ポイント】
# 最初は堅すぎるくらいでOK
# 町名まで伝えて本気ぶりをアピール
# 顔ではなく、相手の人間性に共感を
# モテ趣味友達がいるということはモテ男の証
# 金のかかりそうな趣味で金銭的な余裕をアピール
# 料理を引き合いに出して、マメな男であることを印象づける

【3】熟女・中年女性に送るメールの例文

  美人すぎる●●美さんへ。田中一郎。
はじめてメールします。●●市在住の田中一郎です。
この度、なぜメールをさせてもらったというと、ハッキリ言って ●●さんの顔がものすごくタイプだったからです。

いきなり変なこと言ってスイマセン(ToT)
でもウソつくよりいいですよね。

●●さんさえよろしければ、ディナーでもご馳走させてもらいたい のですが、いかがでしょうか?

少し僕の自己紹介をしておくと年齢は●●歳。 趣味はドライブと、あと体を鍛えることです。

性格は自分では前向きでポジティプな方だと思いますが、人からはよく「単純だね」と言われます。

乱筆乱文、大変失礼いたしました。 ●●さんが今、どのような気持ちでいるのかをお聞かせください。では。

 【ポイント】
# インパクトのあるタイトルで開封率をUP
# 周りに褒めてくれる人がいない女性を褒めると効果大
# まっすぐで秘密を守れる性格であることをアピール
# 誘い文句は少しキザなくらいでOK
# 恋人気分にさせるような一言を
# 男らしい肉体を想像させるような趣味を
# 「返事」ではなく「気持ち」を求めると返事がきやすい

このページの先頭へ