【出会い系リファレンス】へようこそ

警視庁の発表によると、日本には約5,000もの出会い系サイトがあるそうです。これはアメリカの約10倍の数値なのですが、もうこれだけで、9割方がサクラを使ったいわゆる「出会えない系サイト」であることがわかります。

日本の出合い系サイトの割合の円グラフ

僕は以前、出会い系メディアを運営している会社で約5年間働いていました。
運営していたメディアというのはいわゆる「出会えない系」サイトです。

その罪滅ぼしというわけではありませんが、ここでは暴露話を含めた色々なことを語っていきたいと思います。

何も考えずにやっていたのでは会えない

誰もが、最もたやすく会える媒体を探しています。
「オレはそんなことはない」という人でも、ネットをしている時は無意識に異性探しをしているものです。
しかし、同時にそれは殆どが男性という悲しい現実があります。

出会い系の運営業者というのは、そのような「スキあらば」という思惑を抱いている男性を言葉巧みに誘導し、登録・課金をさせます。
業者は、「男性のモチベーションをいかに上げるか?」ということを常に考えているので、無知な男性がそのようなワナに引っかかってしまうというのも無理はありません。

よほどの強運の持ち主でない限り、何も考えずにやっていたのでは、女性と会うことはまず不可能です。確かな情報とちょっとしたコツが必要なのです。

信頼できる人間から、信頼できる情報を手に入れ、そこでコツを知ることではじめて女性と接触できる可能性が芽生えます。
ちょっと難しく書きましたが、そうでもありません。
このサイトをちょこっと見ればいいという、ただそれだけのことですから。

すべての人は、SEXに向かって生きています。
恥ずかしがることは何もありません。
あなたの求めている情報は、ここにあります。

このページの先頭へ